2012年12月30日

良いお年を

120428_03.jpg
Higlasi-1AとAstronomik EOS Clip-Filter CLSで撮った天の川

今年の7月から本家blogから星成分だけ抜き出した形で立ち上げた当blog。その前にYahoo!ブログの方で短期間別館blogをやっていた時期もありましたが、CSSを弄れない事などいろいろと不便を感じ、馴染みのあるseesaaに移行してきました。
Google Analyticsによると、巡回ロボット以外にも一定数(といっても10数人!?)の方が定期的にいらして下さっているようでありがたい限りです。
さて、いろいろと天文イベントの多かった2012年もあと僅か。そんな今年も振り返ってみたいと思います。

続きを読む
posted by HiroHero at 10:55| 星景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

プレゼント

121214_18.jpg
星景:Canon EOS Kiss X4 TOKINA AT-X 107 DX Fisheye
Astronomik EOS Clip-Filter CLS / Higlasi-1Aにて追尾
2012:12:14 00:07:08〜 SS:602sec f:3.5 ISO:1600 4枚コンポジット

ふたご座流星群を撮りにいった時、まずはじめにいつも通りの設定で撮っていたものから。10分露出を4枚も撮っていたのに流星がひとつも写っていないという...。
せっかくなので4枚コンポジットしてみました。個人的には前回アップしたようなもう少し青みがある方が好みなのですが、バックの色合いを注意しながら仕上げてみました。こんな感じで夏の天の川も撮ってみたかったですね。来年の課題です。

この写真の撮影に使っていたポタ赤:Higlasi-1Aですが、開発者さんのblogによると次期バージョンのHiglasi-1BとフラグシップモデルHiglasi-2Aの正式アナウンスがありました。嬉しい事に1Aユーザーも1Bへのバージョンアップが可能との事。個人的にはDPPA(極軸合せ)時により静穏化が期待出来るベルト駆動への変更が可能というのが嬉しいです。ただ初号機としてこれはこれで弄らずに使っていきたい気もするし悩む所です。興味のある方はリンク先へ行ってみて下さい。で、今日の本題。

続きを読む
posted by HiroHero at 23:59| カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

バーティノフマスク

121222_01.jpg
星景:Canon EOS Kiss X4 TOKINA AT-X 107 DX Fisheye
Astronomik EOS Clip-Filter CLS / Higlasi-1Aにて追尾
2012:12:13 23:44:05 SS:301sec f:3.5 ISO:3200

望遠域での撮影用の180mmマクロレンズ用には随分前にバーティノフマスクを自作して便利に使用してきましたが、レンズが増えてくるとそのレンズでもバーティノフマスクを使ったピント合せがしたくなります。特に星野写真で使用頻度が高くなった50mmレンズと85mmレンズでのピント合せ用にバーティノフマスクを自作しようかとも思いましたが、外径が微妙に違うのでアジャスタブル可能なものでないと難しい印象。それぞれに作るにはその大きさから指が何本あっても足りなそう。(不器用なので...)
そんな時ヤフオクに出ていたのが比較的安くわずかながらもアジャスタブル可能なバーティノフマスクでした。

続きを読む
posted by HiroHero at 23:56| 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

遠征_121214_01 [星景 - 矢板編]

121214_05_2.jpg
星景:Canon EOS Kiss X4 SAMYANG 14mm f2.8 IF ED UMC Aspherical
Astronomik EOS Clip-Filter CLS / Higlasi-1Aにて追尾
2012:12:14 03:38:11〜 SS:722sec f:4.0 ISO:1600 2枚コンポジット

ふたご座流星群を撮りに行った時、最後に撮っていたカット。流星を写しこむのは諦めて、通常撮影のセッティングで撮っていました。西の空に沈んでいく冬の天の川です。明るい火球でも写らないかなぁなんて淡い期待もしていましたが何にも写っていませんでした...。

この日、Higlasi-1Aにはしばらく前に買ってほったらかしだった外部電源(過去記事はこちら)を使ってみました。放置している間に満充電で4つ光るパイロットランプが3つまでになっていましたが、マイナス5℃の中で5時間使用してランプがひとつ減っただけでした。実は買ってすぐに八方ヶ原でテストしていたんですけど、DPPAモードで使うと待機中に電源が落ちてしまう症状が出てしまい、今回のようにずっと電源を入れっぱなしの時でないと使い難いかと判断していたのでした。容量的には問題なさそうなので、USBから結露防止ヒーター用の電源も取れればコード類がすっきりして良さそうです。
posted by HiroHero at 23:58| 星景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

遠征_121214_02 [2012ふたご座流星群 -2-]

121214_02_2.jpg
星景(ふたご座流星群):Nikon D700 TOKINA AT-X 107 DX Fisheye
2012:12:14 02:41:00 SS:121sec f:4.2 ISO:3200 X27コマコンポジット Vixen SP赤道儀にて追尾

流星群の写真を撮るのは前回話題となったしし座流星群以来で実に10数年ぶりです。空をぼーっと眺める程度はありましたが、カメラ複数台で狙うのは本当に久しぶりでした。放射点を中心に降り注ぐ流星が撮れるかなと思っていましたがそんなに甘くありませんでした。
光害除去フィルターを装着したKissX4でも火球クラスの明るい流星が写ってくれるのは確認出来ましたが、意外に奮わなかったのがD700の方でしたね。結構写野内に流れたと思うのですが結果は寂しいものでした。ノイズはLR3で後から無理やり消し去るとして、ISO6400位で撮っても良かったかもしれません。

続きを読む
posted by HiroHero at 12:03| 流星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

遠征_121214_02 [2012ふたご座流星群 -1-]

121214_01_2.jpg
星景(ふたご座流星群):Canon EOS Kiss X4 TOKINA AT-X 107 DX Fisheye
Astronomik EOS Clip-Filter CLS / Higlasi-1Aにて追尾
2012:12:14 00:53:25 SS:301sec f:3.5 ISO:3200

昨夜はふたご座流星群を撮りに、少し前ロケハンしていた矢板市内の某地へ。この前降った雪がまだ残っている所があってそこがパカパカに凍っていてかなり緊張する場面もありましたが何とか到着しました。
いろいろ諸々の事を片付けて家を出たのが22時過ぎだったので、現地についてHiglasi-1AとSP赤道儀のセットを済ませて撮り始めたのが日付の変わった14日深夜からとなってしまいました。

午前4時位まで撮影し、帰宅後お風呂に入って2時間ほど仮眠。そのまま1日普通に仕事だったので猛烈に眠いです。画像ももう少し色被りを補正したいのですがとりあえず更新しておきます。(後でこっそり差し替えるかも)

posted by HiroHero at 23:54| 流星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする