2013年02月27日

極軸簡単セッティングツール

130213_16.jpg
星景(戦場ヶ原):Canon EOS Kiss X2 (新改造) EF40mm F2.8 STM
Astronomik EOS Clip-Filter CLS-CCD / Higlasi-2Aにて追尾
2013:02:14 00:02:11〜 SS:180sec x1、301sec x3、361sec x2 f:4.0 ISO:1600 計6枚コンポジット

満月期となったので当初から予定していた通りHiglasi-1Aを開発者さんの元に返して、平歯車仕様からベルト駆動への変更をお願いしました。ベルト駆動にするとPモーションエラー値が向上するという検証結果をブログの記事で読んで興味が湧いたのと、貸出機のHiglasi-2Aを使ってみてDPPA時の作動音が抑えられているのが良かったことから対応可能という事でお願いしました。

続きを読む
posted by HiroHero at 22:21| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

遠征_130213_05

130213_14.jpg
星野(ぎょしゃ座):Canon EOS Kiss X2 (新改造) EF40mm F2.8 STM
Astronomik EOS Clip-Filter CLS-CCD / Higlasi-2Aにて追尾
2013:02:14 00:39:52〜 SS:361sec、482sec、603sec f:4.0 ISO:1600 各1枚計3枚コンポジット

あまり多くの対象を撮っていたつもりはないのですが、何とか使えそうなカットがあったので前回の奥日光遠征から40mmパンケーキレンズを使ってのぎょしゃ座廻りの写真です。Higlasi-2Aは覗き穴に多少時角を考慮して北極星を入れただけの簡単セッティング。果たしてどこまで露出を伸ばせるだろうかと恐る恐る時間を伸ばしていって10分まで試してみました。結構いけるもんですね。
この写真ではf4.0まで絞っているパンケーキレンズですが、周辺像まで安定していて値段の割にはなかなか使えるレンズではないかという気がしています。
posted by HiroHero at 23:18| Comment(0) | 星景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

遠征_130213_04

130213_12.jpg
星景(戦場ヶ原):Nikon D700 TOKINA AT-X 107 DX Fisheye
2013:02:13 22:36:32 SS:30sec f:4.2 ISO:3200

まだ奥日光遠征の写真を引っ張るのかという感じはありますが、更新しないよりはマシと思ってアップ致します。もう2週間位前の事のような気がしますが、まだ1週間ちょっとした経っていないんですよね。

続きを読む
posted by HiroHero at 22:08| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

Higlasi-2A 貸出機 -3-

130217_01.jpg
星景(おおくま座:M101とアルカイド):Nikon D5100 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
2013:02:17 00:55:57〜 SS:56sec f:3.5 x1、SS:120sec f:3.2 x1 ISO:3200
SS:150sec f:3.2 ISO:3200 x4 6枚をコンポジット Higlasi-2Aにて追尾

新月期も過ぎ、借りていた「Higlasi-2A」をそろそろ開発者さんに送り返さないとなぁと思っていた先週末、小惑星を撮影するために早起きしたので睡魔に襲われている状況ではありましたが、星が見えていたので庭でHiglasi-2Aで新たに搭載された「ドリフト法」による極軸合わせを試してみました。
自分自身、人に説明出来る程理解出来ていないので詳細は割愛させて頂きますが、要は北極星が見えない状況で極軸合わせを行う方法と考えて頂ければと。

続きを読む
posted by HiroHero at 23:33| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

遠征_130213_03 [戦場ヶ原での西天の日周運動]

130213_02.jpg
星景インターバル:Nikon D700 SAMYANG 14mm f2.8 IF ED UMC Aspherical + LEE Soft No.3
2013:02:14 00:12:58〜 SS:20sec f:2.8 ISO:4000 120枚をコンポジット

先週戦場ヶ原へ遠征に行った時にHiglasi-2Aでガイド撮影する傍らでD700でインターバル撮影していたもの。ディフュージョンフィルターを付けたまま撮ったらどんな感じになるのだろうかとフィルターを外さずにそのまま撮ってみました。微光星はシャープさが失われて擦れた感じになってしまいますが、メリハリが出てこれはこれで面白いかもしれません。

ほとんど独りで撮影していましたが、帰る一時間前位に二人組の方達が来られました。一人は初心者っぽい方で同行の方に露出等確認しながら撮影されていましたが、普通のライトで設定を確認したりしているのでまぁ眩しい事。同行の方も赤色ライトを使われていなかったので、ライトによる眩惑とかそう言う意識がないのかもしれません。あれだと目が再び暗順応するまでファインダー像も確認出来ないし、効率が悪い様に思えるのですが...。八方ヶ原のように比較的広い駐車場でなら気にならないんですけどね。
posted by HiroHero at 20:44| Comment(0) | 日周運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

遠征_130216_01 [2012DA14]

130216_06.jpg
しし座を通過する2012DA14:Canon EOS Kiss X2 (新改造) EF40mm F2.8 STM
2013:02:16 04:42:41 SS:213sec f:4.0 ISO:1600 10コマコンポジット Higlasi-2Aにて追尾

ロシアの方では隕石によってかなりの被害が出たとニュースになったりしていましたが、「2012DA14」という小惑星が接近・通過すると言う事で眠い目をこすりながら早朝撮影に出掛けてきました。
GPV気象予報では山の方は雲が掛ってNGな印象。近所の河川敷公園は南から西の視界は開けているけれど、宇都宮市内の光害は避けられないので、ぎりぎり雲の影響がないだろうと思われる位置まで北に移動して撮ってみました。写真はしし座を通過していく2012DA14(中央やや左)です。

続きを読む
posted by HiroHero at 22:33| Comment(0) | 星野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする