2013年04月29日

遠征_130428_01 [八方ヶ原全天写真]

130428_05.jpg
星景(八方ヶ原):Nikon D5100 SIGMA 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM
LPS-P2-FF / LEE Soft No.3 / Higlasi-2Aにて追尾
2013:04:28 19:58:59 SS:300sec f:4.0 ISO:1600

GWは暦通りの休み。前半3連休といっても土曜日は出勤したので2連休となりました。午前中から車を洗ったり、ちび達2台の自転車整備(チェーンのクリーニング、空気圧調整)をしたりして働くお父さんをアピール。午後は図書館に行ったりしつつ夕方から時間を貰って大間々の駐車場まで上れるようになった八方ヶ原へ行ってきました。

続きを読む
posted by HiroHero at 18:05| Comment(0) | 星景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

満月

130425_01.jpg
月:SONY DSC-HX30V

昨日、会社帰りに車を停めて撮った1枚。今朝はこの月が欠けたまま西の空に没していく月没帯食が見られたはずですが、関東は条件的にも厳しいのでその時間帯は夢の中でした...。
起床後に西の空を見てみたら薄暗い雲が掛かっていたので、起きていたとしても見られなかったかもしれません。月食に関しては来年の方がいろいろと条件が良いみたいですね。
タグ: DSC-HX30V
posted by HiroHero at 18:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

蔵出し -ドナドナレンズ-

100311_01.jpg
星景インターバル:Nikon D5000 SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
2010:03:11 22:32:26〜 SS:25sec f:5.6 ISO:400 120コマ(50分相当)をコンポジット

今日も在庫から古〜い写真を。iPhotoで使えそうな古い写真を見ていると今は手元にない懐かしいレンズで撮ったものが多く見られます。
この写真を撮ったのは「SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM」というレンズ。D300を購入した時、中望遠はVR70-200で決まりでしたが、どうせ広角レンズも欲しくなるからとこの12-24mmのレンズを購入したのでした。DXでも換算18mmからとかなり広角側で使えて、FX対応であることからゆくゆくはD700へ移行した時にも使えるのでいいかもと選んだのですが、D700を入手した時にはすでに手元にありませんでした...。
こういう少し絞り気味で撮るインターバル撮影の時には良いのですが、ガイド撮影での星景写真用としてみると開放F値が暗いのがネックでした。(ピントリングの回転方向が純正と逆というのも何気にストレスでしたね)
確かこのレンズは今愛用の魚眼ズームレンズ「TOKINA AT-X 107 DX Fisheye」を購入した時にドナドナしてしまったと記憶しております。
posted by HiroHero at 20:15| Comment(0) | 日周運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

蔵出し [霧降高原でインターバル撮影]

100425_01.jpg
星景インターバル(霧降高原):Nikon D5000 AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR
2010:04:25 00:27:50〜 SS:20sec f:4.5 ISO:400 180コマ(1時間)をコンポジット

3年前の写真ですが、あまり更新しないのも何なので蔵出し画像から。愛用していたキヤノンのEOS 20Dがシャッターボタンの不良(固くてレリーズ不能に)で一度修理に出して直ってきたもののすぐにまた同じ症状が出たので、40Dに行くか悩んだ結果キヤノンに見切りをつけて当時現役だったニコンのD300を中心にシステムを一新。(当時は動体撮影がほとんどだったので...)
その頃、デジタルカメラで短時間露出で撮影したものを大量コンポジットするという方法が紹介され始めて、これは面白いなぁとボディにインターバル機能が内蔵されていたD300で試しに撮ってみたのがまた天体写真を撮るようになったきっかけでした。その後すぐに同機能が内蔵されている下位機種のD5000を追加購入して2台体勢でインターバル撮影をしていました。

初めの頃はごくごく近所で暗闇にどきどきしながら撮っていましたが、初めて遠征らしい遠征をしたのが上の写真を撮った霧降高原でした。exif情報的には4月25日となっているので、時期的には今とそう変わらないですね。ニッコウキスゲで有名なスキー場跡の駐車場から昇ってきているさそり座を撮っています。この方向は旧今市市街、その先に宇都宮市街の街明かりがあってあまり良い条件とは言えないなぁと思いました。(ローリング族の出入りも結構ありますし)
この頃は高感度=盛大なノイズという意識があって、ISO400辺りで恐る恐る撮っていますね。

そういえば、PENTAX RICOHから「GR」がAPS-CサイズのCMOS搭載となり発表されました。インターバル撮影機能も健在で、一時期初代GRDを愛用していた事もあり天体写真も再開した自分には非常に気になるカメラです。ワイコンを使えば35mm換算21mmにもなるし、クロップモードで35mmも選択可能。高感度性能に定評のあるK-5IIsのCMOSとは違うようですが、ガイド撮影の合間の基本放置のインターバル撮影用としていいかもなぁなんて思うのでした。
posted by HiroHero at 23:21| Comment(0) | 日周運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

ペリカン風なケース達

130413_03.jpg
星景(庭撮り):Canon EOS Kiss X2 (新改造) SIGMA 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM
Astronomik EOS Clip-Filter CLS-CCD / LEE Soft No.3 / Higlasi-2Aにて追尾
2013:04:13 03:23:02 SS:298sec f:2.8 ISO:1600

4/12の夜から翌日の朝方に掛けて自宅でテストをしていた時に撮った1枚。自宅ではさそり座の形は見えるけどそこに寄り添うような天の川を視認する事は出来ません。なら写真に撮ってみたらどうかと試しに円周魚眼で撮ってみました。色補正に苦労しましたが、当たり前ですけど天の川はちゃんとそこにありました。

続きを読む
posted by HiroHero at 23:27| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

遠征_130413_01 [月と昴]

130413_01.jpg
月と昴:Nikon D5100 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
LPS-P2-FF / Higlasi-2Aにて追尾
2013:04:13 20:01:31 SS:13sec f:3.2 ISO:1600

新月期の週末。昼間会社主催のBBQに参加しながら天気も良さそうだしと夜の遠征計画を考え、帰宅後機材を積み込んで自分としては早い時間に矢板市某所のいつもの撮影地へ。
とりあえず沈んでいく月と昴のツーショットを撮り、Higlasi-2AのDPPAも順調に終えてさぁこれから新システムの最終テストと思ったら山の向こうから薄雲の襲来。雲が通過するだけかなと思っていたらどんどん雲が厚くなって雨が降りそうな感じにもなってきたので諦めて撤収してきました。
自宅に帰ってみると星は見えているけれど何となくガスが掛っている感じがするし、昨夜の庭撮りでのテスト疲れもあったので大人しくしている事にしました。昨夜と今夜の空を比べたら、雨上がりで湿度はあったけど昨夜の方が透明感がありましたね。失敗しました。
posted by HiroHero at 22:57| Comment(0) | 星景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする