2013年05月29日

遠征_130513_04 [北天ぐるぐる]

130513_inter_01.jpg
星景インターバル(八方ヶ原):Nikon D700 TOKINA AT-X 107 DX Fisheye
2013:05:13 22:42:19〜 SS:20sec f:4.2 ISO:3200 264枚(1時間28分相当)をコンポジット

5月13日から14日かけて八方ヶ原へ遠征した時に撮ったオーソドックスな北天ぐるぐる写真。昨年、大間々駐車場までの道路が冬期閉鎖された前後からいろいろと整備されていたようで、4月末に行った時には駐車場北側の一段上がった歩道部分の舗装が打ち直され、車椅子用のスロープなども追加されて綺麗になっていました。

続きを読む
posted by HiroHero at 21:16| Comment(0) | 日周運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

遠征_130513_03 [東天日周運動]

130513_inter_02.jpg
星景インターバル(八方ヶ原):Nikon D700 SAMYANG 14mm f2.8 IF ED UMC Aspherical
2013:05:14 01:12:05〜 SS:20sec f:4.0 ISO:4000 180枚(1時間相当)をコンポジット

先の新月期にちょこちょこ遠征して撮っていた写真も(自分的)大物はほとんどアップしてしまったので、あとは細々としたものしか残っておりませんです。
写真はアンタレス付近を改造KissX2で撮影する傍ら、D700とサムヤン14mmでインターバル撮影をしていたものから。そういえばこのサムヤンの14mmもディフュージョンフィルターを付けっぱなしだったなぁと、現地でペリペリとフィルターを固定しているパーマセルテープを剥がして素で撮ってみました。
いつもこの手の写真はトキナーの対角魚眼レンズを使って撮る事が多いですが、地表付近がぐにゃんと曲がらないインターバル写真は久しぶりで、合成してみてちょっと新鮮に感じました。やっぱりフルサイズで14mmは広いですね。

結果的に「SynScan On GP」を付けたGP赤道儀専用になりつつありますが、外部電源として用意したMeltecの「SG-3500LED」が充電時にある程度充電されると「ジ.ジジ...ジジジィー」(そんなに連呼しなくても爺ィだわい!!)と異音を発するようになり、満充電まで怖くて充電出来なくなったのでメーカーに問い合わせた所、一度送り返す事になりました。
納品書なんて捨ててしまったしと思っていたら、購入したのがアマゾン経由だったので購入履歴からプリントアウト出来るみたいで助かりました。購入してまだ半年なのでこの書類があれば保証対象となるみたいです。月が丸い内に戻ってきて貰いたいものです。
posted by HiroHero at 01:00| Comment(0) | 日周運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

水・木・金

130524_03.jpg
水・木・金:Nikon D700 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
2013:05:24 19:31:27 SS:1/10 f:4.0 ISO:1250

通勤時、今週末は夕方西の空に水星・木星・金星が並んで見頃ですとラジオで言っていたのでお昼休みにステラナビで確認。なるほど確かに3つの惑星が密集しています。密集度でいうと土日の方が良さそうですが、天気予報は今日を逃すと3,4日は見られなさそうという事で、帰宅後に近所の河川敷公園へ。
実は私、水星をそれと認識して肉眼(というかレンズ越しでも)で見るのは初めてでした。結構明るいものなんですね。今までそうと気づかずに何気に見ていたんだろうなぁ。
posted by HiroHero at 21:40| Comment(0) | 薄暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

遠征_130517_05 [天の川全天]

130518_01-2.jpg
星景(八方ヶ原):Nikon D5100 SIGMA 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM
LPS-P2-FF / Higlasi-2Aにて追尾
2013:05:18 02:25:29〜 SS:180sec x1、301sec x2 f:4.0 ISO:1600 計3枚コンポジット

円周魚眼を購入してからほぼディフュージョンフィルターを付けたままだったので、この日は外して撮ってみました。ノーマルD5100なので赤の成分に乏しいです。
夏はディフュージョンフィルターを外して天の川をシャープに表現し、冬場は天の川が寂しい分ディフュージョンフィルターで賑やかな冬の星座達を際立たせるいった手法になるのかな。LEEのフィルターもNo.3しか持っていないので、レンズ毎の強弱をいろいろと試すべくセットで購入してみようかと思う今日この頃です。

しかし、こうして見ると西以外の低空はほぼ満遍なく市街地(那須塩原市、大田原市、矢板市、宇都宮市)の影響を受けていますね。これを見てしまうと、広角レンズで星景写真を撮る時に光害除去フィルターを外すべきか悩んでしまいます。
そういえばちょっと頑張って貯金して購入しようかと考えていた「EOS 60Da」が生産終了になってしまったとか。この手のものは在庫がある時が買い時とは良くいいますが、他に散在していてついにタイミングを逸してしまいました。
posted by HiroHero at 01:00| Comment(0) | 天の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

遠征_130517_04 [網状星雲]

130517_09-2.jpg
網状星雲:Canon EOS Kiss X2 (新改造) タカハシ FS-60C + ボーグ レデューサー0.85×DG【7885】
2013:05:18 01:41:18〜 SS:170sec ISO:1600 8枚コンポジット

この前の遠征時は改造KissX2に付けっぱなしだったCLS-CCDフィルターを取り外して撮ってみました。星像が歪んでいるのは置いといて、撮影後の補正もフィルター有りの時と比べてやり易いですね。比較的明るい対象ばかり撮ったという事もありますけど、直焦点での星野写真に限って言えば、ここ八方ヶ原では余程低い位置のものを狙わない限りは光害除去フィルターは付けなくても良いかもしれません。日頃、光害のある所で撮っているのでなかなか外して撮るという気持ちになれませんが、少し意識していろいろ試してみたいと思います。

で、現在暗中模索状態のオートガイドのパラメーターですが、天文ハウスTOMITAさんのブログで最近アップされた記事「PHD GuidingでのLodestar使用方法」で、まさに「あちゃー」と思い当たる部分がありました。
何が間違っていたかというと「Mount」メニューで「On-camera」にしなければならない所を「ASCOM」にしてしまっていました。最初にテストした時はそれまで下調べした情報通りに「On-camera」にしていたんですけども、ASCOMドライバーを入れていなかったというちょんぼをやってしまい、ドライバーをインストール後はそんな事も忘れ無意識に「ASCOM」を選択しておりました。
とまぁこんな初歩的なミスという事で、次回は今までが嘘のようにすんなりオートガイドが成功したらいいなぁ。
posted by HiroHero at 01:00| Comment(0) | 星雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

遠征_130517_03 [白鳥座]

130517_06.jpg
星野(はくちょう座付近):Nikon D5100 TOKINA AT-X M35 PRO DX
LPS-P2-FF / Higlasi-2Aにて追尾
2013:05:18 01:32:57〜 SS:481sec f:4.0 ISO:1600 4枚コンポジット

同じレンズを買い直す事はあまりないのですが、一度手放した事を後悔したレンズがこの「TOKINA AT-X M35 PRO DX」です。当時使っていたD5000とベストマッチで星景用のレンズとして重宝していました。が、KissX4とCLSフィルターで撮るようになってから別のレンズ購入資金のためにドナドナ。

少し前にケンコーアウトレットからジャンク品販売のメールが来たので覗いてみたらニコン用のこのレンズが出ていました。買い物カゴに入れてみると、なぜだか割引クーポンが使えて更に割安。中古相場の美品相当からすると諭吉さん1人は違います。トキナーのジャンクレンズは「ジャンク」とは謳っていてもどこかにわずかな傷がある位で使用には全然問題ないものという情報を目にした事があったので、駄目ならオクに流すだけとポチッてみました。化粧箱なしとの事でしたが、しっかり純正の箱に入って届いたレンズは、どこに不備があるのか分からない美品状態。マクロ域までレンズを繰り出すと鏡筒にわずかな傷があるかなというレベルでした。

続きを読む
posted by HiroHero at 00:35| Comment(0) | 星野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする