2013年06月28日

庭撮り_130507_03 [M8とM20]

130508_12.jpg
M8とM20:Canon EOS Kiss X2 (新改造) TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1
Astronomik EOS Clip-Filter CLS-CCD / Higlasi-2Aにて追尾
2013:05:08 01:55:06〜 SS:421sec f:3.5 ISO:1600 計7枚コンポジット

何かネタはないものかとLightroomのライブラリを見ていたら、5月のGW後半に庭撮りしていたものから未処理のデータを発見。ちまちまと何とか処理してみました。

続きを読む
posted by HiroHero at 22:35| Comment(2) | 星雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

星図いろいろ

130608_20.jpg
撮影風景(八方ヶ原):Nikon D5100 SIGMA 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM
2013:06:08 22:58:42 SS:30sec f:3.5 ISO:4000

いよいよ在庫が切れました。水不足を考えると雨が降ってくれるのはありがたいのですけどねぇ。せめて月でも見えてくれていたらと思わずにはいられません。

続きを読む
posted by HiroHero at 22:53| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

遠征_130608_05 [北天ぐるぐる]

130608_10.jpg
星景インターバル(八方ヶ原):Nikon D700 SAMYANG 14mm f2.8 IF ED UMC Aspherical
2013:06:08 21:22:19〜 SS:20sec f:4.0 ISO:4000 534枚(2時間58分相当)をコンポジット

先の新月期に撮ったインターバル撮影のデータをやっとこさ修正してコンポジット。飛行機の軌跡は薄いものも含めて4本程、他車のヘッドライトなどが入り込んでしまった数十カットを修正しました。どこまで修正したものがこの手の写真として許されるのかは分かりませんけど、あるはずのない物を入れ込むとかそういう事をしない限りは良いのでしょうかね!?
冷却CCDなどを使った星野写真などでは、数日かけて撮ったデータをコンポジットなんて事が普通に行なわれているようですが、これもどこまでが「天体写真」として認められるものなのだろうかと素朴な疑問として思います。 3日位!? それとも1週間? その内、2年掛けて撮った500時間分のデータをコンポジットしましたなんて人が出てくるのでしょうか?? 天文雑誌を見ていても、もう何でも有りというような状況で、デジタルカメラで久しぶりにこの世界に戻ってきた自分は思うのでした。(ともすれば何億年という時間スケールの天体が対象の趣味で、こんな一瞬ともいえるスパンを気にしている自分が小さすぎるのか...)
posted by HiroHero at 23:28| Comment(4) | 日周運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

遠征_130603_02 [さそり座からいて座に掛けての天の川]

130603_07.jpg
星景(八方ヶ原):Nikon D5100 SAMYANG 14mm f2.8 IF ED UMC Aspherical
2013:06:04 00:01:31〜 SS:270sec f:4.5 ISO:1600 計8枚コンポジット Higlasi-2Aにて追尾

写真は6月3日から4日にかけて八方ヶ原へ遠征した時のもの。ノーマルのD5100だし、光害除去フィルターを使っていないので低空のカブリが酷いし、車の出入りがあったので前面の林が変に明るくなってしまったしと、合成してみても余り良い感じになりそうになかったので放置していたのですが、Lightroomでの現像からやり直して無理やり仕上げてみました。ハイコントラストのぎとぎとな感じに仕上げてしまおうかと思っていたのですが、ぎりぎりで踏みとどまりました。(といいつつ、数日後に見直してみるとHDR的な絵画っぽさを感じないでもない出来上がり...6/22追記)
今年はこのエリアの天の川を処理するのは何回目だろうと思うくらい手持ちのレンズで画角を変えてはあれこれ撮っています。
posted by HiroHero at 23:59| Comment(0) | 天の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

遠征_130608_04 [さそり座中心部]

130608_08-2.jpg
星野(アンタレス付近):Nikon D5100 (新改造) AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
LPS-P2-FF / Higlasi-2Aにて追尾
2013:06:08 22:07:20〜 SS:481sec f:4.5 ISO:1600 計8枚コンポジット

色ムラもあるし、いまいち気に入らないのですが、これ以上弄っても自分の画像処理能力では良くなりそうもないのでこの辺で。
前々回の新月期の後に入手したレンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」のテストも兼ねて、先にアップしたいて座からさそり座の星野写真を撮る前に撮影していたカットです。
50mmレンズは旧タイプの「Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D」も持っていますが、LPS-P2-FFを付けた状態だとD5100では使用出来ないので、後部に凸部の無いAF-Sレンズを購入してみました。さすがにf4.5まで絞っているので周辺像も問題ない感じに写っています。

続きを読む
posted by HiroHero at 12:00| Comment(2) | 星野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

遠征_130608_03 [天の川全天]

130608_06-6.jpg
星景(八方ヶ原):Nikon D5100 (新改造) SIGMA 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM
LPS-P2-FF / Higlasi-2Aにて追尾
2013:06:09 01:29:58〜 SS:481sec f:4.5 ISO:1600 計7枚コンポジット

また同じような写真を撮っているなぁと思いつつ、カメラが変わると同じように撮っても違った表現が出来るんじゃないかとついつい似たような構図で撮ってしまいます。(円周魚眼での星景はこれしか撮りようがないとも言いますが)
写真は前回の八方ヶ原遠征から。天の川が立ってきたので円周魚眼レンズを改造D5100に付け、天頂に向けてガイド撮影していました。薄明開始を気にするあまり、予定した時間より早めに撮影を開始してしまったので、天の川が微妙に曲がった状態に写ってしまいました。CLSフィルターシリーズでの画像処理(主にカブリ補正)で苦労してきたせいか、LPS-P2フィルターを付けて撮ったものは本当に処理が楽に感じて、改造KissX2用にも同フィルターを購入しようかと思う今日この頃。ノーマルボディでも赤い散光星雲が良く写ってくれるCLSフィルターには、ガイド撮影復活当初随分助けられましたけど。

続きを読む
posted by HiroHero at 22:23| Comment(2) | 天の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする