2016年02月06日

庭撮り_160202_02 [2月2日深夜のカタリナ彗星(C/2013 US10)]

catalinaC2013_160202_01.jpg
2月2日深夜のカタリナ彗星(C/2013 US10):Nikon D810 PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX07 (トリミング有り)
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて追尾
2016:02:03 01:08:12〜 SS:120sec f:4.0 ISO:1600 計8枚コンポジット

2月2日というよりは日付が変わって2月3日になってから撮影したカタリナ彗星(C/2013 US10)です。先日アップした馬頭星雲とM78を撮影してダークも撮り終わった後に月が上るまでの間と思ってレンズを向けてみました。一応通例に従って北を上にしていますが、北極星のほぼ真上に位置していたので何となく違和感があります。空の条件は良かったはずですが、2本伸びていた尾の薄い方は炙り出しても出てこなくなりました。
posted by HiroHero at 19:44| Comment(0) | 彗星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

庭撮り_160117_01 [1月17日早朝のカタリナ彗星(C/2013 US10)とM101]

catalinaC2013-M101_160117_01-7.jpg
カタリナ彗星(C/2013 US10)とM101:Nikon D5100 (クリアフィルター改造) PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX07
LPS-P2-FF / Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて追尾
2016:01:17 05:11:52〜 SS:240sec f:4.0 ISO:2000 計8枚コンポジット

この夜はカタリナ彗星(C/2013 US10)とM101(回転花火銀河)が見かけ上接近するとかで遠征する予定でおりました。月没は23時過ぎ、GPV気象予報では25時位から雲が切れるという事で日付が変わるくらいに出掛けてと考えていたのですが、機材を積み込もうと外に出てみたところ空から白いものがちらほらと...。山の方の路面状況が心配だったので、この時点で庭撮りする事にしました。
で、こたつでうとうとしている内にそろそろ薄明が始まる時間になってしまい、慌てて機材のセッティングを済ませて撮影しました。

続きを読む
posted by HiroHero at 09:45| Comment(0) | 彗星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

庭撮り_160110_01 [1月10日早朝のカタリナ彗星(C/2013 US10)と金星と土星]

catalinaC2013_160110_01-2.jpg
カタリナ彗星(C/2013 US10):Nikon D810A PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX07
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて追尾
2016:01:10 05:31:28〜 SS:300sec f:4.0 ISO:1600 計3枚コンポジット

新月期に入り天気もそこそこ良い日が続いているのですが、冬場の遠征地には雪雲が掛かっているように思えなかなかテンションが上がらずもんもんとしております。
今朝は早起きする妻の目覚ましとともに起きられたので、天頂近くまで上っていたカタリナ彗星(C/2013 US10)を久しぶりに撮影してみました。昨年末ほどの活発なテールの動きは見られませんが、すっと伸びるテールは何となく分かるようには写せたかなと思います。ダーク撮影に入る前に金星と土星をアップで。ちっちゃいですけど土星の環も何となく分かりますね。

venus_saturn_160110_01.jpg
金星と土星:Nikon D810A PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX17+TC-16A
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて追尾
2016:01:10 05:51:19〜 SS:1/20sec f:15.4 ISO:800
posted by HiroHero at 21:23| Comment(0) | 彗星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

遠征_151220_01 [12月20日早朝のカタリナ彗星(C/2013 US10)]

catalina_151220_02-2.jpg
12月20日早朝のカタリナ彗星(C/2013 US10):Nikon D5100 (クリアフィルター改造) PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX07
LPS-P2-FF / Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて追尾
2015:12:20 05:10:43〜 SS:210sec f:4.0 ISO:2500 2枚コンポジット

12月19日から20日にかけて、冬場の遠征地(矢板市)に出掛けてみました。帰省してくる長男の送迎待ちがあり、結局最終電車で帰ってきたので出掛けるのは遅くなりましたが、月没が日付が変わってからという事で結果オーライでした。(仮眠は出来なかったですけど)
他の天体を撮りつつカタリナ彗星(C/2013 US10)が良い位置に上ってくるまで待って撮影したのが1枚目の写真です。ダーク・フラット・フラットダーク等も揃えてDeepSkyStackerで合成したりしてみましたがどうにも気に入った感じに仕上がらず、あれこれやってみました所結局Lightroomで現像したものをシンプルに2枚だけ合成したものがテールの構造もしっかり残っていてシャープな仕上がりとなりました。彗星撮影(画像処理含む)は本当に難しいです。今回はD810Aでの撮影の後、薄明開始が迫る中、光害除去フィルターを付けたクリア改造D5100で撮影してみましたが、尾の細かな状態の写りはこちらの方が良い印象となりました。

151220_01.jpg
そして夜明け:Nikon Df AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
2015:12:20 05:38:33〜 SS:15sec f:4.0 ISO:4000

この日は低空の透明度も良くて遠く筑波山もはっきり見ることが出来ました。月明かりがなかったら、カノープスも含めたぐるぐる写真の完全版を狙いたかったです。
posted by HiroHero at 23:54| Comment(0) | 彗星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

遠征_151212_01 [12月12日早朝のカタリナ彗星(C/2013 US10)と遠征断念]

catalina_151211_01-5.jpg
12月12日早朝のカタリナ彗星(C/2013 US10):Nikon D810A PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX07 (トリミング有り)
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて追尾
2015:12:12 05:11:03〜 SS:120sec f:4.0 ISO:3200 8枚コンポジット

GPV気象予報では今日は朝から夜まで好天が期待出来る感じでした。なので夜はふたご座流星群の撮影に冬場の遠征地へ行く事にして、朝方のカタリナ彗星(C/2013 US10)の撮影は近所の河川敷公園で行う事にしました。

続きを読む
posted by HiroHero at 21:48| Comment(0) | 彗星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

遠征_151205_02 [予行:金星とカタリナ彗星(C/2013 US10)]

venus_c2013_us10(catalina)_151205_01-2.jpg
金星とカタリナ彗星(C/2013 US10):Nikon D810A Nikkor-Q Auto 135mm F2.8 Ai改
2015:12:05 05:13:43〜 SS:2sec f:2.8 ISO:12800 64枚コンポジット

12月5日の早朝にカタリナ彗星(C/2013 US10)を撮影しに行った時、DfとPROMINAR 500mm F5.6 FLで彗星を撮影する傍ら12月8日早朝の月と金星とカタリナ彗星(C/2013 US10)のコラボ撮影の予行として、金星とカタリナ彗星(C/2013 US10)のツーショットを撮影してみました。
赤道儀はSP赤道儀1台しか持っていかなかったので、ISO12800まで上げて星が点像になるまで露出を切り詰めて撮影したものを64枚コンポジットしています。ただここに月が入るとなると、いくら細い月でもHDR的な段階露出をしないと彗星と月をそれなりのレベルで写すには難しそうです。

int_151205_01.jpg
撮影を終えて:Nikon D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
posted by HiroHero at 22:41| Comment(0) | 彗星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする