2016年02月04日

庭撮り_160202_01 [馬頭星雲からM78]

orion_160202_01-3.jpg
馬頭星雲からM78:Nikon D810A PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX07 (トリミング有り)
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて追尾
2016:02:02 21:41:35〜 SS:120sec f:4.0 ISO:1600 計64枚コンポジット

月齢は新月期に入ってきました。週末辺りは好天が期待出来そうですが遠征地が問題です。今日は仕事で冬場の遠征地近くまで行ったので足を伸ばしてみたのですが、ここ数回の積雪で日陰が路面凍結しているらしく民家が切れた少し先の所でバリケードによって通行止めとされてました...。
戦場ヶ原も行けないことはないけど、結構車の出入りがある時があってなかなか落ち着いて撮影出来ないんですよね。それに今まで何回か行った時に余り空を暗く感じた事が無かったのも足が向かない要因なのかも。この新月期は大人しく庭撮りかな。

写真はそんな降雪のあった週明けに庭撮りで撮影していた馬頭星雲からM78です。微光害地という事で詳細構造は潰れがちですが、補正フィルターを使わないD810Aでの撮影でトータル2時間程の露出時間だとこの位は写ってくれる事が分かりました。ある程度メジャーな天体に絞られますけど、光害除去フィルターを併用すればもう少し楽しめそうです。
posted by HiroHero at 23:57| Comment(0) | 星雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

遠征_151112_03 [胎児星雲とハート星雲(IC1848&IC1805)]

ic1805-ic1848_151112_01-8.jpg
胎児星雲とハート星雲:Nikon D810A PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX07
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて一軸オートガイド
2015:11:12 21:40:26〜 SS:300sec f:4.0 ISO:2500 8枚コンポジット

前回の遠征時、薄雲襲来により撮影を中断するまでD810Aで撮影していた対象です。32枚撮影する予定が結局10枚しか撮影出来ませんでした。まぁ、薄雲襲来が無くてもこの時点でレンズが結露し始めていたので、その後継続して撮影出来ていたかどうかは怪しいですけど...。
ちゃんと温度管理しようとこの夜から気温と湿度のMaxとMinが記録出来る温・湿度計を持ち込んでいて、湿度がかなり高い事は分かっていたのですが、レンズヒーターを持っていったのに使っていなかった自分のミスです。
というか手持ちのレンズヒーターだとプロミナーの全周をカバー出来ない事がこの夜分かりました。また新調しないといけませんです。いろいろと費用が掛かりますね。
posted by HiroHero at 21:17| Comment(0) | 星雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

遠征_151104_02 [初めてのアイリス星雲(NGC7023)]

iris_151104_01.jpg
アイリス星雲(NGC7023):Nikon Df PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX10
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて一軸オートガイド
2015:11:04 22:31:00〜 SS:300sec f:5.6 ISO:4000 16枚コンポジット

前回の遠征時、月が上るまでの約2時間の間にDfとプロミナーの組み合わせで撮影していたもの。時期的には旬を過ぎたと思われますが、ずっと撮影したいと思っていたアイリス星雲(NGC7023)を撮影してみました。現着するまでD810Aとプロミナーでハート&胎児星雲を狙うかDfでアイリス星雲を狙うか決めかねていたのですが、カシオペア付近はまだチャンスがあるだろうと思い、すでに西に傾き始めていたこのエリアを狙う事に。
手動での導入に手間取り少し時間をロスしましたが、何とか5分露出を16枚撮影する事が出来ました。それにしても淡いですね。強調処理をする過程で例によって暗部が溶けてしまっているので、Flickrにはアップ出来そうもないブログ限定の画像となりそうです。横位置ならこの右側にも特徴的な分子雲も一緒に狙えるみたいなので来年また狙ってみたいエリアです。Wikiで調べていたらNGC7023という呼称はこの星雲の中の星団につけられたものとか。またひとつ勉強になりました。
posted by HiroHero at 20:00| Comment(0) | 星雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

遠征_151021_02 [プレアデス姉妹とオリオンからの使者]

m45_bunsi_151021_01.jpg
M45廻りの分子雲と流星:Nikon Df TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて追尾
2015:10:22 01:05:01〜 SS:210sec f:4.0 ISO:4000 32枚コンポジット

前回と前々回遠征分の記事が前後しますがご了承下さい。前回オリオン座流星群を観望に行った時にDfでひたすら撮影していたのがこちらのカットです。M45周辺の分子雲を炙り出してみたくなり、ISO4000まで上げて撮影しました。Dfでの1枚ものの星景写真の時にはISO10000まで上げているのでその半分のISO5000位でもいけそうな感じでしたが、思いきれずにちょっと抑えたISO4000にした次第です。
210秒露出を32枚で1時間52分。意味があるのか分からないけれど、ISO1600で撮影したものとして換算するなら4時間40分相当。これ位の総露出時間でどれ程分子雲が炙り出せるのだろうかとワクワクしながら画像処理をした結果が上の写真となります。画角は狭いけど流星が飛び込んでくれたら絵になるかなぁと思っていたら、ホントに飛び込んでびっくりです。この流星を残すかどうか悩みつつの処理でしたがオリオンとプレアデス姉妹の神話を思い出し、流星を活かした方がワンポイントになるように思えたので残すようにしました。
Dfはノーマル機という事でこれまでは1枚もの星景写真やインターバル撮影がメインでしたが、今後は高感度性能を活かした分子雲の撮影用途にも使っていけそうな感触が得られました。

続きを読む
posted by HiroHero at 20:00| Comment(2) | 星雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

遠征_151014_04 [バーナードループとオリオン座中心部]

m42_barnards-loop_151014_01-8.jpg
バーナードループとオリオン座中心部:Nikon D810A TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて一軸オートガイド
2015:10:15 01:11:42〜 SS:418sec f:4.0 ISO:1600 16枚コンポジット

10月14日から15日掛けての遠征時にD810Aで撮影した二つ目の対象です。180mmマクロレンズを用いてオリオン座中心部とそれを囲うバーナードループを写してみました。約7分を16コマの総露出時間 約1時間50分。さすがにこれだけ時間を掛けると過度の強調処理をしなくても分子雲が現れてきてくれ、「なるほどなぁ」と思いながらの画像処理でした。
posted by HiroHero at 18:44| Comment(0) | 星雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

遠征_151014_02 [ガーネットスターとIC1396]

ic1396_151014_01.jpg
ガーネットスターとIC1396:Nikon D810A PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX10
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて一軸オートガイド
2015:10:14 21:06:42〜 SS:600sec f:5.6 ISO:1600 16枚コンポジット

前回の遠征時にメインで撮影していた対象です。昨年サンニッパで撮影して以来1年2ヶ月ぶりの撮影となりました。いつも堪え性なしで次々被写体を変えてしまうので、今回はじっと我慢の10分16枚にチャレンジです。試写をしてから16枚一気に撮影したのですが、帰宅してデータを見てみると後半の1/3程が僅かにピンずれしてました...。(原因は温度変化かなぁ)
ガイドエラー時の保険も兼ねて、8枚毎にピントやバッテリーの状態を確認した方が良さそうです。この夜は順調に撮影が進み、終盤はD810Aの2個目のバッテリーがかつかつになってしまったので、先日ヨドバシで予備バッテリーを1個購入してきました。D5100だとライブビューでピント合わせをしているとみるみるバッテリーが無くなっていきますが、D810Aは結構持つなぁという印象です。これで3個体制になったので、一晩どうにでもなるでしょう。

今回からコンビニ袋フラットを卒業し、iPadによるフラットデータ取得にチャレンジしてみました。自分が使っているのはiPadmini3ですが、もっとも口径の大きいPROMINAR 500mm F5.6 FLでもぎりぎりフラットデータを取得することが出来ました。撮影画像とフラットデータをLightroomで調整し、DNG形式で書きだしたものをDeepSkyStackerでコンポジットしています。

大きい画像はこちら。https://flic.kr/p/zB9rx1
posted by HiroHero at 22:19| Comment(0) | 星雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする